ロゴ
HOME>アーカイブ>後悔しない!迷っているあなたのための賃貸物件の選び方

お部屋探しで後悔しない為には?

お部屋探しをする時にはたくさんの物件の中から選んでいきますよね。賃貸の物件探しでは引越し費用や初期費用もかかりますから、後悔したくないもの。後悔しない物件の選び方にはポイントがありますので、確認してよりよいお部屋探しを始めましょう!

賃貸物件を選ぶ時に注意したい5つのポイント

間取り

立地

立地は、賃貸物件を選ぶ上での最初のポイントになります。まず、どの土地の物件に住むかを決めましょう。どの駅を選ぶかも重要です。もちろん主要な路線に近ければ近いほど利便性は高いですが、逆に賑やかすぎるということもあります。家賃面でも主要な路線は高い傾向にあるので、予算とも相談しましょう。家賃相場はネットでも調べることが出来ます。

バス・トイレ別かどうか

バス・トイレ別かどうかも、選ぶ上での大きなポイントになってきます。バス・トイレ別ですと、誰かがお風呂に入っている時にトイレに入れないということがなく便利です。ですから、生活のしやすさを求めるなら、この条件に当てはまる物件を選びましょう。

収納がどのくらいあるか

思っているよりも部屋を選ぶ上で収納は大切です。荷物量が多いのに収納の少ない部屋を選んでしまうと荷物をしまうための家具を追加で買わなくてはいけなくなります。家具を置くことで部屋全体も狭くなってしまうので、自分の荷物量以上が入る収納がある部屋をおすすめします。

間取りが生活に合うか

間取りも重要なポイントです。住む人数や生活スタイルに間取りが合っていないとミスマッチになってしまいます。生活しやすい動線になっているか、見ておきましょう。

防犯面はどうか

一人暮らしの女性は特に防犯面も重要です。侵入者が入りにくいことから、2階以上は人気な条件です。オートロックや防犯カメラの設備がついている物件もあります。

後悔しない!迷っているあなたのための賃貸物件の選び方

女性

家賃はトータルコストも踏まえて考えよう

基本的に予算を決めた上での賃貸物件選びになるでしょう。しかし、賃貸物件を選ぶ上で家賃がただ安いだけで選んでしまうと、その他の費用がかさんで結局損をしたということになりかねません。毎月支払う費用は、家賃以外に共益費や駐車場代なども必要になることが多いです。また、他に交通費や家具代、敷金・礼金なども移り住むときには発生するので、トータルコストも踏まえて物件選びをすると後悔しないお部屋が見つかりますよ。

広告募集中